厳しい母のお仕置き

「お尻をぶたれたいの?」「お尻を出しなさい」「またお尻を叩かれたい?」「おしおきね」などという言葉が日常的に聞かれ、実際にすぐお尻に平手や定規が飛んでくる。そんな理想的(?)家庭を舞台とした正統派お仕置き物語。あるいは、子供の頃のどこか懐かしい思い出体験談。
以前は、アニメや漫画でもけっこうこうした「お尻たたきのある家庭」が登場したものですが、最近は減りましたね。

考えてみると、私は純粋なお仕置き小説ってあまり書いてないかも……

この構想による小説を読んでみたい、と思う方は投票をお願いします。


これまでの投票数:3161

お尻たたき創作メモ